スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランヴィル展

こんばんは。
地震ですっかり予定変更になってしまいました^^
激暇です。ただけーまです。

今回はグランヴィルと言うフランスの風刺版画家の展覧会に行った時のフィードバックをしたいと思います。
場所は練馬区立美術館で、最寄りは西武池袋線中村橋、練馬のとなりです。

まあ、行く前は正直、グランヴィルって誰やん・・・(’・ω・)
って感じだったんですが、行ってよかったです。
この人の絵好きちゅっちゅ。

グランヴィルってのはフランスの風刺画家で、カリカチュールの王と呼ばれていたようです。

初期の頃は主に動物を人にたとえた風刺画を描き。
中期に至ると活動領域は本の挿絵にまで広がります。
有名なので行くと、スウィフトの「ガリヴァー旅行記」とか「ラ・フォンテーヌの寓話」とかがあったかな。
ラ・フォンテーヌに関しては内容を全然知らなかったのですが・・・(苦笑)

また、グランヴィル以外にも、ガレの戯画的な陶器も4つほど展示してありました。

「同展で紹介されるオノレ・ドーミエとJ.J.グランヴィルは、それぞれに風刺画家として世に出て、風刺雑誌『ラ・カリカチュール』や日刊紙『ル・シャリヴァリ』においてリトグラフを発表しました。言論弾圧法発令以降、ドーミエは近代都市として様相を整えつつあったパリの「都会人」を描き、一方のグランヴィルは動植物から無機質なものまでを擬人化する超現実的な世界を描き出し、今日ではシュルレアリスムの先駈けとし位置づけられています。」

というわかりやすい解説は三鷹市美術ギャラリーのもの。
参考:ドーミエとグランヴィル展

そうそう。グランヴィルはシュルレアリスムの先駆と呼ばれてるんですよ。
晩年には植物や星を擬人化するなどの作品も発表していて面白いです。

代表作は「動物の私生活・公生活情景」という一連の物語付きの絵。
しかし、これは従来の挿絵としてではなく、絵が文章に先行する形を取っている点で新しい作品です。
グランヴィルの描いた絵に沿うように、作家が物語を作っていくもので。
挿絵>小説という少し奇妙な関係を持つ作品です。
扉絵(物語への入り口を示す扉の絵、まさに扉絵!)がとても好きですね。
色とりどりの虫たちが宝石に戯画化されて描かれている。
ちなみに展示室の入り口が、このデザインに模して作られていて、アリスの世界への入り口を錯覚させそうです(笑)

あと、個人的に好きだったのはルイ・フィリップが洋ナシとしてたとえられていた絵と、
「バレエの黙示録」というチケットにプリントされている絵でした。
うーん、なんとも奇妙な・・・
やっぱり奇妙な絵には心が魅かれてしまいますね。


hona-☆
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

多田K馬

Author:多田K馬
東京の大学に在籍していて、吹奏楽のサークルでサックス吹いてます♪つれづれに色んなことを書いていくつもりなので、趣味がある方は是非コメントを☆
趣味は、音楽鑑賞(ホールでも家でも)絵画鑑賞(美術館で)映画鑑賞(家でw)読書(電車でw)などなど割と雑食。

それぞれで特に好きな作品は・・・

音楽:アストル・ピアソラ、ヨハン・セバスティアン・バッハ、安藤裕子
絵画:クロード・モネ、アンリ・ルソー、シュルレアリスム
映画:勅使河原宏、北野武、中島哲也
読書:安倍公房、芥川龍之介、中島敦

これおすすめ!とかあったら教えてほしいです。
では、よろしくお願いします♪

ぼくのともだち
あなたは
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。