スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VOCA展

少し久しぶりの更新。
今日は上野の森美術館でやっていたVOCA展に行って参りました。
あと、日野之彦の個展も別館でやっていた、一粒で2度おいしい展示でした。
でも展示は明日までなので、あしからず(笑)

しかも、なぜか運のいいことに。
アーティスト・トークをやっていました^^
VOCA賞を受賞なさった中山玲佳さんのインタビュートークを聞くことができました。

画家さんのこうしたお話を聞くのは初めてだったので。
個人的にはかなりためになった、というか刺激的になりました。

一応参考HP:VOCA展


色々考えて描いているということがひしひしと伝わってきましたね。
4枚のキャンバスが1つの絵を構成しているんですが、
その4つの別々のキャンバスをどうやって1つの作品にするかという問題について語ってましたね。
というか、どうやってしたか、の説明でした。

「ある惑星」という作品だったのですが。
基調となる色合いが明暗明暗という層をなすような感じで。
それぞれのキャンバスの主題も、オオカミ・動植物・オオカミ・動植物という風になっていて、
マチエールも、ぼってりしてたり、平面的だったり、きめ細やかだったり、バラバラでした。
それをいかに1つのまとまったコンテクストに変えていくか。
たとえば、キャンバスを横断するように羊を走らせたり、枝を這わせたり、とか。
でも、その「異なる」っていう起伏があるからこそ、単線的な作品ではなくて、
より抒情性に富んだ作品になっているようにも感じられるね。

あと、個人的に面白いなって思ったのは。
絵が密になってきたから気孔を開けたっていうやつ。
息苦しくなったから、真っ白な穴を数か所あけて(描いて)全体のバランスを保ったそうです。
すごいな、って思った。

疑問だったのは扱っている動物が。
カラスとかオオカミとか蛇とか、邪道ばかりだなっていうことかなぁ・・・。
カラスは死の、オオカミは狡猾の、蛇は原罪の象徴だと考えると考えすぎなのかなあ。
でもやっぱりそういったメタファーに使われる動物を扱うって、何かありそう。
はいはい、考えすぎ、ワロスワロス。ってことであんまり書かないけど(笑)

なんか、初めてアーティスト・トークを聞いて不思議な感じでした。
中山さんはメキシコで版画を作っていたみたいで、
メキシコとか、版画とかの要素もちりばめられているみたいです。


あと、気に入ったのは大原美術館長賞を受けた上田暁子さんの「とある熱を通り抜ける」という作品が印象に残った。
とっても好きなタイプの絵です。幻想的で、背景を想像したくなるような絵。


んで、次に日野さんの展示なんだけど。
これは、前回のVOCA賞を受賞した方で、とても生々しい絵を描く画家さんでした。
その圧倒的魅力、というか注視せざるをえない力を感じました。
なのでカタログ買ってしまいましたww800円・・・良心的。

あと、2000円の昔のカタログも買ってしまった・・・
日本の現代アーティストのまとめ的カタログ。
「Domani明日展」で活躍なさっていた町田久美さんとか。
あー・・・勢いって恐ろしい・・・お金・・・orz

まあバイト3倍に増えるからいいんだけどさ・・・


うん、今日は充実していた。

いや、

今日


も。

だね。


hona-☆
スポンサーサイト
プロフィール

多田K馬

Author:多田K馬
東京の大学に在籍していて、吹奏楽のサークルでサックス吹いてます♪つれづれに色んなことを書いていくつもりなので、趣味がある方は是非コメントを☆
趣味は、音楽鑑賞(ホールでも家でも)絵画鑑賞(美術館で)映画鑑賞(家でw)読書(電車でw)などなど割と雑食。

それぞれで特に好きな作品は・・・

音楽:アストル・ピアソラ、ヨハン・セバスティアン・バッハ、安藤裕子
絵画:クロード・モネ、アンリ・ルソー、シュルレアリスム
映画:勅使河原宏、北野武、中島哲也
読書:安倍公房、芥川龍之介、中島敦

これおすすめ!とかあったら教えてほしいです。
では、よろしくお願いします♪

ぼくのともだち
あなたは
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。