スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モネとジヴェルニーの画家たち

@ぶんかむら
に行ってきました!

まあ、ぼくは生粋のモネ好きなので(←美術素人)
ものすごく楽しみにしていたのですが、思った以上にモネの展示品が少なくて少しがっかり・・・
今回はモネ!っていうビッグ・ネームを餌に、ジヴェルニーで活躍したアメリカ人画家を紹介していました。
そいえば今度やる展示も、フェルメールを前面に押し出しつつ、実際は1枚しか来ないというオランダ・フランドル派の展示会があるようです笑
まあ、多分行きますけどね!
いやあ、モネもいいけど、やぱり印象派はいいよねえ^^
特に印象派の女性像が最近は好きで。
去年行ったルノワール展のカタログ買えばよかったワー;;

今回特に印象から離れないのが・・・

フレデリック・カール・フリージキーという画家の「庭の婦人」

と!

リチャード・エミール・ミラーの「水のある庭」

と!!

ジョン・レスリー・ブレックの「秋(新月)、ジヴェルニー」

です!!!


まず。


お前ら誰やねんw


というぐらい知らない画家ばっかりでした^^

まだまだ未熟者であります・・・orz


なんか、ジヴェルニーという村があって、晩年のモネの居住地だったらしいのですが。
その後多くのアメリカの画家が訪れ、印象的絵画を描いたのだとか。
アメリカ風印象主義。
ってか、19世紀のアメリカの画家とか・・・知らんわ!!!
って感じですよね?笑

でもいい絵ばっかりでした♪


てか、印象派が好きなだけってゆww


あまりにいい絵というか個人的に好きな絵が多かったので。

カタログ買ってしまいましたww


あー・・・高かったけど・・・
しょうがない!勉強のため!
ということで許してください;;
学問は高級品ですからね^^


印象派って水面の表現がすごいと思う。
よくあんな不定形なものを描写できるなあ・・・
モネが睡蓮に至ったように、水面は印象派にとって重要なモチーフなのでしょうね。

そして印象派は極限まで行くと抽象絵画になるってことを体感しました。
いや、頭ではなんとなくそうじゃないかなとは思っていたんですが。

今回それを体験できてよかったです。
モネの晩年の作品・・・
これ絶対モネってわかんない・・・っていうぐらい画風が違ってた笑


まあ、とまれかうまれ。

とても満足したのです。



おしまい。


hona-☆
プロフィール

多田K馬

Author:多田K馬
東京の大学に在籍していて、吹奏楽のサークルでサックス吹いてます♪つれづれに色んなことを書いていくつもりなので、趣味がある方は是非コメントを☆
趣味は、音楽鑑賞(ホールでも家でも)絵画鑑賞(美術館で)映画鑑賞(家でw)読書(電車でw)などなど割と雑食。

それぞれで特に好きな作品は・・・

音楽:アストル・ピアソラ、ヨハン・セバスティアン・バッハ、安藤裕子
絵画:クロード・モネ、アンリ・ルソー、シュルレアリスム
映画:勅使河原宏、北野武、中島哲也
読書:安倍公房、芥川龍之介、中島敦

これおすすめ!とかあったら教えてほしいです。
では、よろしくお願いします♪

ぼくのともだち
あなたは
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。